モンステラ

モンステラの育て方

季節・日常の手入れ
育てていくと下の方の葉が落ちて茎が伸びて背丈が大きくなりバランスが悪くなります。そのままにしておくと
鉢とのバランスが悪くなり、倒れやすくなりますので伸びすぎた部分を切り戻して、全体のバランスを整えます
(切り戻すのがいやな場合は一回り大きな鉢に植え替えても良いでしょう)。
あまり極端に茎が伸びて鉢から大きくはみ出すくらいアンバランスになった場合は思い切って株元近くまで切り戻して
仕立て直しても良いでしょう。切り戻して通常通りに管理すると茎から芽が吹いてきます。
切り取った茎は挿し木に利用できます(下のイラストを参照にしてみてください)。
日当たり・置き場所
強い直射日光を嫌うので、夏は明るい日陰に置きましょう。冬はガラス越しの日光の当たる場所、
春と秋はレースのカーテン越しのようなやわらかい日射しがちょうど良いです。暗い日陰ですと茎がひょろひょろに
伸びて弱々しくなってしまいます。日射しが強いと葉が焼けて部分的に枯れます。
熱帯性の植物で、暑さには非常に強いのですが、寒いのは少し苦手です。冬でも5℃程度の気温が保てれば
枯れることはありませんが、ベランダなどで育てている場合は室内に取り込みましょう。
モンステラは葉っぱが大きい物が多いので、室内で育てているとどうしてもホコリがたまりやすくなります。
気づいたときに時々水で濡らしたティッシュなどで葉の表面を軽く拭いてあげましょう。
水やり・肥料
夏は特に乾きやすいので土の乾き具合を見つつ、毎日水を与えます(土が湿っていれば大丈夫です)
春、秋は土の表面を触ってみて湿り気を感じないようでしたら水を与えましょう。
冬は寒さで生育が緩慢になるのであまり水を必要としません。
土の表面が乾いて更に2〜3日経過してから水を当たるようにします。
あまり大きくしたくない場合は、一年を通してやや水やりを控え、乾かし気味に管理します。
水やりの回数を調節することによって生育の具合を加減する事ができます。
生育期に充分水やりを行うと大きくなります
(ただし、土が湿っている内は水は与えないようにしましょう。根が腐ってしまうことがあります)。
肥料は植え付ける際に土の中にゆっくりと効くタイプの肥料を混ぜ込みます
5〜9月の生育期に観葉植物用の固形肥料を株の大きさに応じて2ヶ月に1回くらい与えます。
あまり肥料を与えすぎると大きくなりますので、室内でコンパクトに育てたい場合はひかえめにしても良いでしょう。
この虫に注意!!
ハダニ カイガラムシ
22℃からのアドバイス!
強い日光を嫌います
肥料と水やりは株の大きさを考えて
暑さには強いですが、冬は最低5℃は保つ


※温度・湿度によって水やりの頻度は異なります。
※水の量が多すぎると根腐れを起こすので注意して下さい。

◎花器について
住宅建設の際に出た廃材と使用済みのペットボトルを使用しています。
サイズ:高さ12cm 幅10cm×奥行10cm

◎その他
送料、発送時期等に関しては、こちらをご覧ください。
販売価格 3,200円(税込3,456円)
購入数