ガジュマル

ガジュマルの育て方

難易度     (そだてやすい)
耐寒性  (ややよわい:5℃以上)

季節・日常の手入れ ポイント
樹形全体を見ながら枝の切り戻しを行います。切り戻しをすることで、枝数が増えてバランスよく茂った姿に仕立てることができます。伸びる勢いの強い枝は放っておくと突出して全体のバランスを崩してしまうので付け根から切り取ります。その他の枝はバランスを見ながら1/3〜2/3の長さに切り戻します。よく枝分かれしてどこからでも新芽を出すので、刈り込むように短めに切り戻しても大丈夫です。時には大胆に。作業の適期は5〜6月です。
日当たり・置き場所
日光を好む植物です。春〜秋は戸外やベランダのよく日の当たる場所に置いてがっしりした丈夫な株にしましょう。日当たりが悪いと枝が間延びして葉色やツヤが悪くなります。
耐寒温度は5℃〜6℃です。屋外で育てているものも、晩秋には室内の日がよく当たる場所に置きましょう。5℃以下の低温にさらすと落葉してしまいます。落葉してもある程度気温を確保して空気中の湿度を高く保つと、春に新芽がでてきて復活することもあります。
水やり・肥料
乾燥を嫌い、やや湿り気のある環境を好みます。特に春〜秋は生育が旺盛で、水をたくさん必要とします。土の表面が乾いてきたらたっぷりと水を与えましょう。同時に空気中の湿度を上げるために霧吹きなどで葉にもたっぷりと水をかけます。水切れを起こすと下の方の葉っぱが枯れてきます。
秋になって気温が低下してくると徐々に生育も鈍り、根もそれほど水を必要としなくなるので、水やりの回数を減らして、乾かし気味に管理します。特に丸太状のずどーんとした幹から細かい枝葉がでるように仕立てられている株は、地上部のボリュームに比べると根が少ないものが多く、冬に水をやりすぎて根腐れさせてしまうことがあるので気を付けましょう。
肥料は春〜秋の生育期間中、2ヶ月に1回ゆっくり効くタイプの化成肥料や観葉植物用の錠剤タイプの肥料を与えます。肥料はたくさん与えると枝葉が伸びすぎて乱れてしまうので、さほどたくさんいりません。また、冬は根を傷めてしまうので肥料は与えません。
この虫に注意!!
カイガラムシ
22℃からのアドバイス!
生育期にたっぷり水を与える
日によく当てて育てます(斑入り種は夏に日除け)
冬越しは5℃以上


※温度・湿度によって水やりの頻度は異なります。
※水の量が多すぎると根腐れを起こすので注意して下さい。

◎花器について
住宅建設の際に出た廃材と使用済みのペットボトルを使用しています。
サイズ:高さ12cm 幅10cm×奥行10cm

◎その他
送料、発送時期等に関しては、こちらをご覧ください。
販売価格 3,200円(税込3,456円)
購入数