ピレア

ピレアの育て方

難易度     (ふつう)
耐寒性     (ややよわい:5℃以上)

日当たり・置き場所  ポイント 
春〜秋は風通しのよい明るい日陰で育てます。強い日射しに当たると葉が焼けて、色褪せたり枯れることがあります。特に、真夏の直射日光には気をつけましょう。耐陰性があり、やや暗い日陰でも育てることができますが、日照不足になると間延びしてひょろひょろになるので気をつけましょう。
耐寒温度は5℃以上です。冬は室内の窓際など明るい場所で育てますが、窓際は非常に夜間冷えやすく、寒さに弱いピレアにとって好ましい環境とはいえません。余裕があるなら昼間は窓際、夜間は室内の奥に移動させるといいでしょう。また常に窓際に置いている場合、光の射す方向に向かって茎が伸びていって不格好になってしまうので、ときどき鉢の向きを180度変えてあげましょう。
水やり・肥料
土がある程度湿っている状態を好みます。水やりは土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。高温多湿の環境を好むので、夏は葉にもたっぷりと水をかけるようにします。冬はあまり生長せず、水も夏ほど必要としないので、土の表面が乾いて数日経ってから水を与えるようにしましょう。冬は乾かし気味に保つことが大切です。
肥料は5〜9月に液体肥料を与えます。与える間隔は10日に1回です。市販の観葉植物用の置き肥など固形のものを使用する場合は月に1回の割合で与えます。
この虫に注意!!
カイガラムシ
22℃からのアドバイス!
強い直射日光に注意
耐寒気温は5℃〜7℃。冬は室内で
夏の水やりはたっぷり、冬は控えめに


※温度・湿度によって水やりの頻度は異なります。
※水の量が多すぎると根腐れを起こすので注意して下さい。

◎花器について
住宅建設の際に出た廃材と使用済みのペットボトルを使用しています。
サイズ:高さ12cm 幅10cm×奥行10cm

◎その他
送料、発送時期等に関しては、こちらをご覧ください。
販売価格 3,200円(税込3,456円)
購入数