ジャカランダ

ジャカランダの育て方

難易度     (ふつう)
耐寒性     (ふつう)

日当たり・置き場所  ポイント 
春から秋の生育期間は屋外の日当たりのよい場所で育てます。室内では日照不足になりがちなので、生育期間はできれば屋外に置きましょう。日照不足になると生育が悪くなります。
秋に葉が黄変してきたら室内に取り込み、日のよく当たる明るい窓辺などで育てます。冬の寒さには比較的強く0℃前後まで耐えます。平地や暖地なら簡単な防寒をすることで、露地植えが可能です。
簡単な防寒
株元を落ち葉やワラなどで覆い、麻の保護テープを幹に(包帯を巻くように)グルグルと巻き付けて(できるだけ幹の上の方まで)株元と幹を寒さから保護します。
水やり・肥料
春〜秋の生育期は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。秋に気温が下がってきたら水やり回数を徐々に減らし、冬の落葉期は乾かし気味に管理します。
肥料は生育期に固形の油かすやゆっくり効くタイプの化成肥料を2ヶ月に1回施します。
この虫に注意!!
害虫 カイガラムシ
22℃からのアドバイス!
一年を通してよく日に当てる
露地植えは冬に防寒が必要
冬は0℃以上を保つ


※温度・湿度によって水やりの頻度は異なります。
※水の量が多すぎると根腐れを起こすので注意して下さい。

◎花器について
住宅建設の際に出た廃材と使用済みのペットボトルを使用しています。
サイズ:高さ12cm 幅10cm×奥行10cm

◎その他
送料、発送時期等に関しては、こちらをご覧ください。
販売価格 3,200円(税込3,456円)
購入数