ホヤ

ホヤの育て方

難易度     (やさしい)
耐寒性     (ややよわい)

日当たり・置き場所
できるだけ日によく当てて育てましょう。ただし、真夏は日射しが強すぎて葉が傷むことがあるので、直射日光を避けた明るい日陰が安全です。日陰にもよく耐えるので、ある程度日当たりの悪い場所でも育てることができますが、花つきは極端に悪くなります。花付きが気にならず、観葉植物と割り切って育てるなら日陰でも十分栽培は可能です。
暑さには強い反面、寒いのは苦手です。冬でも7℃〜8℃程度あったほうが無難ですが、5℃程度まではとりあえず大丈夫です。5℃以下では生育が衰えて、枯れる心配があります。屋外で栽培しているものは、11月頃に室内の日当たりのよい場所に移動させましょう。
水やり・肥料
乾燥に強い植物なので水のやりすぎに気を付けましょう。春から秋の生育期間は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えるようにします。空気中の湿度が高い環境を好むので夏は霧吹きなどで葉に水をかけるとなおよいでしょう。冬は低温で生育も衰えますので水やりは控えめに。鉢土の表面が乾いて3〜5日経ってから水を与えるようにします。土の過湿を嫌うので年間を通してやや乾燥気味に管理した方が失敗が少ないです。過湿で根が傷んでしまうと、株がダメになってしまうこともあります。
肥料は生育期間の5〜9月中に水で薄めた液体肥料を10日に1回ほど与えます。
この虫に注意!!
カイガラムシ
22℃からのアドバイス!
耐寒気温は5℃以上。冬は室内に取り込みます
夏は直射日光を避ける
水をやりすぎると根ぐされをおこします


※温度・湿度によって水やりの頻度は異なります。
※水の量が多すぎると根腐れを起こすので注意して下さい。

◎花器について
住宅建設の際に出た廃材と使用済みのペットボトルを使用しています。
サイズ:高さ12cm 幅10cm×奥行10cm

◎その他
送料、発送時期等に関しては、こちらをご覧ください。
販売価格 3,200円(税込3,456円)
購入数