パキラ

パキラの育て方


難易度     (やさしい)
耐寒性     (ややよわい)

日当たり・置き場所
ある程度の日陰でも育ちますが、あまり日当たりが悪いと枝が間延びしてバランスが悪くなることがあります。生育期はできるだけ日に当てた方ががっしりとした株に育ちます。5〜7月は屋外の良く日の当たる場所が理想的です(室内の日当たりの良い場所でも可)。
しかし真夏は強烈な直射日光によって葉が焼けてしまうことがあるので、午前中は日が当たるけれども午後からは日陰になるような場所や、一日を通して明るい日陰で育てるようにしましょう。
熱帯の植物で寒さには強くないので、冬は室内で育てます。越冬温度は5℃〜7℃を目安に、できればそれ以下にならないように気をつけましょう。室内の日当たりの良い窓際などが適しますが窓際は夜間に冷えますので気をつけましょう。
インテリアグリーンとして育てる場合、一年を通して室内の日当たりの良い場所に置いていても充分に育ちます。
水やり・肥料
5月〜9月の生育期は土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えるようにしましょう。多少水やりを多くしても失敗することは少なく、乾燥にも強いので乾かし気味にしてもしおれにくいです。室内のあまり日の当たらない場所で育てる場合は水やりを多少控えてやや乾燥気味にした方、が間延びしにくくなります。
秋から冬にかけては徐々に水やりを控えて、真冬は土が乾いて2〜3日経ってから水を与えるようにします。ただし真冬でも15℃以上気温が保てる場合は通常通り水やりを行います。
肥料は5月頃に観葉植物用の固形肥料などを鉢の大きさに応じて土の上に置くだけで充分です。それ以上は必要ありません。もし大きな株にしたい場合はその後も2〜3ヶ月ごとに同様の肥料を与えます。生育期に肥料を多めに与えると加速度的に大きくなることがあります。
気温が下がってくると生育も鈍り、肥料も必要としないので、冬の間は肥料を与えません。
この虫に注意!!
夏の高温乾燥期にハダニが発生しやすい害す。主に葉の裏について植物の栄養を吸います。湿り気のある環境を嫌がるので、水やりをする際に葉の表裏にも水をかけたり、霧吹きでときどき葉に水をかけあげることである程度予防することができます。
22℃からのアドバイス!
明るい日陰でも育ちますが、その場合多少枝葉が間延びします
枝のどこで切り戻しても新芽がでてくるので葉のなくなった枝はばっさりと切り落としても良い
越冬温度は5〜7℃くらいが目安です


※温度・湿度によって水やりの頻度は異なります。
※水の量が多すぎると根腐れを起こすので注意して下さい。

◎花器について
住宅建設の際に出た廃材と使用済みのペットボトルを使用しています。
サイズ:高さ12cm 幅10cm×奥行10cm

◎その他
送料、発送時期等に関しては、こちらをご覧ください。
販売価格 3,300円(税込3,564円)
購入数