シンゴニウム

シンゴニウムの育て方

難易度     (そだてやすい)
耐寒性     (よわい:10℃以上)

日当たり・置き場所
日陰でもよく育ちますので、一年中室内に置けます。本来は半日陰程度の環境を好みますがあまり光が不足すると、葉の色があせ、間伸びした形になります。。ただし、夏の直射光に当てると日焼けするので、春〜夏は日陰に置いてください。冬は日当たりの良い場所か、レースのカーテン越しの弱い日光に当ててください。
高温を好みます。生育適温は20〜30℃程度です。寒さには弱く、10℃程度が越冬の限界温度ですから、冬は暖かく管理してください。10度以下の低い室温で冬越しさせると、次第に葉の色があせてきて、春先に急に枯れることがあります。

水やり・肥料
生育期は、やや多湿な状態と水を好むので、鉢土が乾いたら早めに水を土と葉に十分に与えてください。空気が乾燥するとハダニが発生しやすいので、葉水はおこなってください。耐寒性が低いので、秋から徐々に水を減らし、冬は水をかなり控えてください。暖かい日には保湿のために葉に霧水を与えてください。
夏は1日に2回くらい葉水をかけるてやると葉色がイキイキとし、さかんに新葉を発生させて爽やかな葉姿を楽しませてくれます。
セラミス(茶色の石)に植えている場合は、乾いたら、容器の1/3程度のお水をあげて下さい。水のあげすぎは、禁物です。冬は水を控えめにして、1日置きぐらいに葉水をあげて下さい。
生育期の5〜9月に緩効性肥料を月1回置肥するか、液肥をときどき与えます。
植え替え
1年に1回植え替える。鉢土から根が回ると生育が悪くなります。5〜8月には、排水のよい用土で、ひと回り大きい鉢に植え替えてください。植え替えは1年に1回が目安です。5〜6月が植え替えの適期です。伸びすぎた枝は切りつめます。
この虫に注意!!
ハダニ
22℃からのアドバイス!
水やりは春から秋はたっぷりと、冬は控えめに
高温多湿の環境を好みます
真夏は直射日光を避けます


※温度・湿度によって水やりの頻度は異なります。
※水の量が多すぎると根腐れを起こすので注意して下さい。

◎花器について
住宅建設の際に出た廃材と使用済みのペットボトルを使用しています。
サイズ:高さ7cm 幅10cm×奥行10cm

◎その他
送料、発送時期等に関しては、こちらをご覧ください。
販売価格 2,800円(税込3,024円)
購入数