ドラセナ

ドラセナ(コンシンネン)の育て方

難易度     (そだてやすい)
耐寒性     (よわい)

日当たり・置き場所
真夏以外は日当たりと風通しのよい場所で育てます。室内に置く場合も窓際の明るい場所に置くようにしましょう。ある程度の日陰には耐えるのですが、日照不足になると葉の色つやが悪くなり茎も弱々しくなってしまいます。強い日射しに当たると葉が焼けてしまうので、夏は直射日光を避けて明るい日陰で育てましょう。
耐寒気温は品種によってまちまちで、5℃くらいまで耐えるものもあれば10℃以上必要なものもあります。総じて10℃程度の気温があれば無難です。エアコンの風が当たる場所では、乾燥で葉が枯れるので注意しましょう。
水やり・肥料
春から秋は水をよく吸うので土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。冬は生育も鈍り、さほど水を必要としないので、土の表面が乾いて数日してから与えます。気温が10℃以上保てるようなら少し回数を多めにします。
肥料は5〜9月の間に観葉植物用の置き肥などを2ヶ月に1回与えます。置き肥の代わりに2週間に1回液体肥料を与えてもかまいません。冬は肥料を与える必要はありません。
この虫に注意!!
ハダニ
22℃からのアドバイス!
冬は寒さで生長しないので、水やり回数を控えめにします
室内の明るい場所でも育ちますができるだけ良く日に当てます
こまめに葉に水をかけてハダニやカイガラムシの発生を予防します


※温度・湿度によって水やりの頻度は異なります。
※水の量が多すぎると根腐れを起こすので注意して下さい。

◎花器について
住宅建設の際に出た廃材と使用済みのペットボトルを使用しています。
サイズ:高さ7cm 幅10cm×奥行10cm

◎その他
送料、発送時期等に関しては、こちらをご覧ください。
販売価格 2,800円(税込3,024円)
購入数