ペペロミア

ペペロミアの育て方

難易度     (ふつう)
耐寒性  (ややよわい:5℃以上)

季節・日常の手入れ ポイント
特にこれといった手入れは必要ありませんが、枯れている葉っぱを見つけたらそのままほおって置かずに取り除くようにしましょう。
日当たり・置き場所
強い日射しに当てると葉が焼けて黒く変色したり、くるんと丸まって枯れてしまう上に見た目も悪くなってしまいます。基本の置き場所は直射日光を避けた明るい日陰です。春と秋は窓際のレースのカーテン越しの日射し、真夏は明るい日陰で育てましょう。暗い日陰に置いていると、茎が間延びして弱々しくツヤのない葉になってしまうので気をつけましょう。強い日射しに気を付けることがペペロミアを育てる上で大切なポイントのひとつです。
屋外に出して育てている場合は夜間の気温が10℃を切る頃を目安に室内に取り込んで育てます。冬越しの温度は8℃以上が目安ですがやや乾かし気味にすると5℃くらいまでは耐えます。
水やり・肥料
葉が分厚くしっかりと水分を貯えられるので乾燥には比較的強い植物です。水をやりすぎないことも大切なポイントです。土の表面を指で触ってみて湿り気を感じないようならたっぷりと与えるようにします。まだ土が湿っているのに水を与えると、過湿になりすぎて根が腐って枯れてしまいます。葉の中に水分を貯えている分、根ぐされをおこしてもすぐには枯れず、まず葉がしおれてその後、徐々に枯れます。しっかりと水を与えているのに葉がしおれるのは根ぐされになっている可能性が大きいです。
肥料は生育期間中の5月〜9月に与えます。1000倍に薄めた液体肥料を2週間に1回の割合で与えましょう。土の上に置く固形の肥料を使用する場合は2ヶ月に1回くらいが目安です。
この虫に注意!!
カイガラムシ・ハダニ
22℃からのアドバイス!
乾燥に比較的強いので水のやりすぎによる根ぐされに気をつけましょう
真夏の直射日光は避けます
冬越しの最低気温は5℃(8℃あれば無難)


※温度・湿度によって水やりの頻度は異なります。
※水の量が多すぎると根腐れを起こすので注意して下さい。

◎花器について
住宅建設の際に出た廃材と使用済みのペットボトルを使用しています。
サイズ:高さ7cm 幅10cm×奥行10cm

◎その他
送料、発送時期等に関しては、こちらをご覧ください。
販売価格 2,800円(税込3,024円)
購入数