アンスリウム

アンスリュームの育て方


難易度     (ふつう)
耐寒性     (よわい10℃以上)

日当たり・置き場所
強い直射日光に当てると葉焼けを起こして葉が茶色く枯れ、見た目も悪いし生長もおとろえます。一年を通して弱光線の場所に置きます。4〜10月の生育期は戸外の半日陰、それ以外の季節は室内の明るい場所で管理しましょう。強光線を必要としない分、室内向きの植物といえます。
冬は7℃〜8℃程度でも耐えますが、葉は落ちてしまいます。葉を落とさずに管理するためには最低10℃以上の気温が必要です。11月頃に室内に取り込んでレースのカーテン越しの日光が当たる場所で管理します。 ちなみに冬に花を咲かせたいのであれば17℃以上の気温が必要です。
水やり・肥料
4月〜10月の生育期は土の表面が乾きかけたらたっぷりと水を与えましょう。多湿を好む植物ですが常に用土がしめっているような状態では根が腐ってしまうことがあります。また、極端な乾燥は葉が下の方から黄色くなって落ちていきます。茎や葉は空気中の湿度の高い環境を好むので、時々霧吹きなどで水をかけてあげましょう。 生育期に湿度を高く保てるかどうかは栽培上のキーポイントです。
肥料は気温が十分に上がってくる5月中旬から与えます。気温が低いうちは肥料をやっても意味がない上に根腐れを起こすことがあるので気をつけます。月に1回、生育状況を見ながら1000倍に薄めた液体肥料を与えます。肥料を与えると成長もよくなり葉の色つやもぐんとよくなりますが、肥料を与えすぎたり、濃いものを施すと根腐れを起こすので気をつけましょう。肥料は9月頃まで与え、それ以降は翌春まで必要ありません。
空気中の湿度を高める
アンスリュームはこまめに霧吹きなどで茎葉に水をかけてあげることにより、株が生き生きとなり元気に育ちます。多湿を好むというのは用土が常にしめったような環境を好むということではなく、空気中の湿度が高い環境を好む、と理解すればよいでしょう
この虫に注意!!
アブラムシ ナメクジ
22℃からのアドバイス!
直射日光に当てない。一年を通して弱光線を好む
冬でも最低10℃は必要
多湿を好むので、強い乾燥に注意


※温度・湿度によって水やりの頻度は異なります。
※水の量が多すぎると根腐れを起こすので注意して下さい。

◎花器について
住宅建設の際に出た廃材と使用済みのペットボトルを使用しています。
サイズ:高さ7cm 幅10cm×奥行10cm

◎その他
送料、発送時期等に関しては、こちらをご覧ください。
販売価格 2,900円(税込3,132円)
購入数